東京都・中央区の靴学校・靴の教室

東京の靴学校・靴の教室「靴の自作工房」 hiro

  • 見学・入学・説明会のお申し込み
  • 趣味コースを中心にご紹介するブログです。
  • 工房のオーナー講師、斉藤のブログです。
  • TOP
  • IND本科
  • 木型講座
  • 趣味
  • 「足に合わない」とは?
  • オーダー靴
  • 靴のリセッティング
  • アクセス

IND本科

注文する既製靴 〜パンプス専科〜

調整リセッティング


靴特にパンプス等の問題の7〜8割りは踵周辺にあります。調整は履けない、歩きにくい痛い、疲れるを解消または軽減する処置です。 市販されている靴のヒールは適正な高さに対しておよそ5〜10mm高いのが現状です、 これではどんなにサイズが合っていても足は前にすべりつま先が当たり踵は抜けやすくなってしまいます。 この高すぎるヒールを適正な高さにカットして高さを調整することで履き心地に大きな違いが生じます。


市販されている靴の踵はかなり大きく設定されています、これでは足が靴内で動き、指先があたる事になります、 この踵の幅を足の踵に合わせることで靴内での足の動きは止まり且つ靴ズレ等の発生を防止します。


人の踵の長さは足の大きさに関係なく様々です、通常6.5cm程ですが、長い人は8cmも有り靴のカーブと 全く合っていない為に足は歩き始めや否や前に滑り始めます、この靴内で踵が乗る距離を足に合わせる 事で前のめりの姿勢が治り、歩行が楽になると同時に踵が抜けにくくなります。


  もう一つの大きな調整は踏まずの距離です、アーチが高い人、扁平気味の人では靴を履いた状態で 足の直線の長さに違いが生じ、踵に隙間が生じ、踵が抜けやすくなります、市販の靴は比較的このアーチ は低めに設定されている為にアーチが高い人は靴底に隙間が生じ、ために足は前に 滑ってしまいます、このアーチは内側、外側の両方を変える必要が有り、 踏まずパットを挿入することで合わせる事ができると思っている人が多いのですが、 それだけではこの調整が出来ているとは言えません。履く人のアーチに合った調整が必要となります。   


 (赤字はその場で修理致します、30〜60分内外)

ヒールの高さ調整
リフトを取り、ヒールを訂正な高さにカット、新しいリフトを取り付けます。  ¥5,000-
ストーム装着
現状のヒールの高さを維持する為に靴の前部の高さを高くします。    ¥12,000-
踵調整
靴の踵の裏革を外し、中に革を挟み、幅や踵のカーブを調整します。 ¥8,000-
踵の長さ調整
中敷をはがし、足の踵の長さに合わせて人工筋肉パットを挿入し、長さを合わせます。
                                         ¥4,000-
踏まず調整
踏まずの内外にソルボパットを挿入し、必要であれば足に合わせて靴の大きさを小さくします。
                                       ¥6,000〜16,000-
その他の調整
踵の外側への張り出し調整                        ¥4.000-
親指位置の高さを上げ、親指が当たらない処置
幅出し、甲部の当たり軽減、踵靴ズレ対策
魚の目、タコの当たり軽減
ブーツの太さ調整(大きくする)                       ¥8,000-
ヒールの向き調整  小指の傷み解消                   ¥2,000-
ストラップ製作
新たにストラップを試作シ装着                     ¥4,000-
カスタムインソール
足の採寸をし、フルオーダーインソールの製作             ¥20,000-
歩行調整インソール
歩行を見て体のバランスを正しく補正            ¥6,000〜12,000-
足のケアー
馬喰快歩堂 施術価格参照---巻き爪、タコ、魚の目の切除、治療等

事例紹介ブログ来店予約・お問合せ専用フォーム

▲PageTop

Copyright(c)2014 靴の自作工房ヒロ 〒103-0003 東京都中央区日本橋横山町5-18 tel:03-6231-1871

QLOOKアクセス解析